【台湾らんちゅう協会訪問記T】

2009年11月22日


第二回 台湾らんちゅう品評会に尾張優魚会の松本氏と参加しました。



会長の呉氏




若い方が多く皆さん熱心でかなり日本のらんちゅうを勉強しているようです。

 

今回は2匹のエントリーしかなくちょっとさびしい感じでしたが来年は期待できそうです。





二歳魚の東大関西大関は日本の活躍できそうな良いらんちゅうでした。






当歳魚は沢山のエントリーがありました。
中もこの7匹は日本でも活躍できるレベルで台湾産のらんちゅうがほとんどです。
尾形の良いらんちゅうが多くかなり勉強されているようです。




松本氏による質疑応答 皆さん熱心に質問していました。





台湾は日本より気温は少し高めですが会場が山の上の公園で風が強くかなり寒かったです。
会長の呉氏通訳の解氏に台湾料理をご馳走になりました。